不動産は賃貸か購入か

不動産の購入を検討している方の中には、このまま賃貸ですごすか、購入するかで悩んでいる方も多いと思います。不動産の購入は夢がある一方で、ローンを払い続けなくてはならないという不安もあります。対する賃貸は、ローンを背負うと言う感覚がないのに対して、家賃を払い続けるのとマイホームの夢はかなわないというデメリットがあります。

不動産は購入すべきか賃貸すべきかは永遠のテーマですが、生涯にかかるお金を計算してみるのもひとつの方法です。住宅補助が受けられない会社にお住まいの方の場合、賃貸料とローン額がほとんど変わらないケースがあります。こうした場合であれば不動産購入を勧めるのもよいかもしれません。一方で、住宅補助がうけられるので小額の家賃ですむ場合は、不動産を購入したほうが圧倒的にお金がかかる場合があります。この場合は賃貸がお勧めかもしれません。

無理なく不動産投資をするなら、不動産投資信託を!

不景気の続く昨今の経済状況下では、効率よく資産運用をし、少しずつでもお金を増やしたいと考える人が増えているようです。そんな背景からか、巷では不動産投資が人気を集めています。ところが、不動産投資では収益物件の獲得にかかる初期費用が高過ぎると感じる方も多いのではないでしょうか。

この点、不動産投資のためにローンを組むという方法も主流ですが、できるだけリスクを冒したくないと考える人も多いはずです。そんな方には、少ないリスクで投資が出来る不動産信託投資をオススメします。これは、不動産の専門家が公衆から資金を調達して不動産投資を行い、利益が上がればそれを公衆に配分するという投資方法です。この場合、複数の出資者で収益物件を買うのと同じなので、一人あたりの出資額は大きく減少し、ローンを組まずとも不動産投資が可能なのです。