フリーレントのある不動産探し

フリーレントのある不動産探し

不動産を賃貸するときに、フリーレントの物件を見つけたことのある人もいるでしょう。フリーレントというのは、賃料を免除してくれるということです。不動産オーナーによってさまざまですが、1ヶ月だったり、3ヶ月だったりの賃料免除の設定があったりします。つまり、フリーレントがあれば、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになりますので、引越などにも費用がかかる時期にはありがたいものです。

このようなフリーレントは、不動産オーナーが早く空室を埋めたい、というような思惑があるときに、設定をすることが多いです。なので、4月などの引越シーズンよりも、年の半ば、不動産のマーケット的に空室が出やすく、入居者が決まり辛い時期に、不動産賃貸サイトなどで探してみるのがいいかもしれません。

不動産とはなにか、と経済への影響

不動産とは、日本国民の資産の中でおよそ2割、2007年時点で17.9%を占めています。そもそも不動産とは、土地と、その上の定着物である建物や立木などを指すものです。土地は森林・農地・住宅地・商業用地など様々な利用の用途がありますが、不動産業者が主に扱っているのは、住宅地や商業地といった、人間の経済活動にとって有益な土地であるということは論を待ちません。その一方で、土地の上の定着物といえば住宅やビル、工場などこれまた様々に分かれていますが、いずれにしても土地・建物の不動産は揃って固定資産課税台帳に記載されることになるわけです。企業にとっては、土地やビルを多数保有していることは融資を受ける基準ともなっているため、不動産は経済活動に大きく影響しています。