住宅金融支援機構の融資

住宅金融支援機構の融資

売却の手続に入る前に、任意売却に関する申出書を住宅金融支援に提出します。

不動産仲介業者を選んだら、任意売却物件をその仲介業者が物件調査と価格査定をし価格査定書を提出します。

任意売却物件の価格を承認できるか確認されます。

売出価格が付きます。

任意売却物件の不動産仲介業者との間に、(専属)専任媒介契約を締結することとなります。

定期的に不動産仲介業者より「販売活動状況報告書」の提出が行われます。

任意売却物件の購入希望者が出現すると、住宅金融支援機構が抵当権抹消に応じるためにチェックします。

住宅金融支援機構が抵当権抹消を承諾すると、購入希望者との売買契約が締結可能です。

うまく契約が締結できると、代金が決済され、抵当権抹消が行われます。

任意売却とはどんなものか

住宅ローンというのは、住宅を担保として、お金を借りるものです。

したがって、ローンの返済が滞れば、競売という形で住宅を処分されてしまいます。


任意売却とは、競売される前に、住宅を売却することを言います。

競売が強制なのに対して、自由意志で売却するので、「任意」と言っているわけです。


任意売却の際は、担保にしている住宅を勝手に売るわけにはいかないので、貸金業者と交渉をすることになります。

貸金業者としても、競売で売るよりも、任意売却の方が高値で売れることは分かっています。

貸金業者も、早く確実に返済してもらいたいと思っていますから、任意売却することを認めてもらえることが多いです。

競売にされてしまう前に、早めに任意売却の意志を示すようにしましょう。

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市