任意売買とは自分の意志で選べるということ

任意売買とは自分の意志で選べるということ

任意売却という言葉だけではどこか重苦しいものに感じますが、簡単に言えば競売にかけられる前に、自分の意志で家を売ってしまおうということです。

近年、不景気で住宅ローンが滞納気味になり、家を手放さざるをえなくなる方が増えています。そんなとき、銀行等の金融機関はその家を競売にかけて、ローンの返済分の金額を得ようとするのですが、これは債務者にとっては少し損な条件になってきます。金融機関側にとってもお金が余計にかかるので、どちらにもあまりよいところのない、いわば最終手段という形です。

ここで思いだしていただきたいのが、任意売買です。債務者が任意売買を選択することで、お金をかけず、競売よりも高い金額で家を売買できる可能性が出てくるのです。残債を少なくしたり、はては引越し費用を手当てしてもらえるかもしれない、それが任意売却なのです。

任意売却を依頼するときは、必ず業者の人とよく話し合いを行った上で最終的な判断をしてください。自分の意志をしっかりもつことが、なによりも大切なことなのです。

任意売却で強制退去する事はありません

任意売却は競売などと異なっており、強制退去する必要がありません。任意売却を行った場合には、退去する希望日を伝える事ができるからです。あまりにも退去する日が遅い場合には、問題が発生するかもしれないのですが、任意売却では、ある程度退去したい希望日を聞いてくれるので、その日に強制退去しなければいけないという状況にはなりません。その為に新しい住居が決まるまである程度日数がありますので、しっかりと引越しの準備などを行う事ができます。任意売却は退去する日をしっかりと話し合いで決める事ができます。その点が任意売却と競売が異なっている点の一つです。任意売却を行う事で、すぐに退去しなければいけないという事はありませんので、覚えていただきたいです。