任意売却がされていた物件を購入

任意売却がされていた物件を購入

良さそうなマンションを投資用として欲しくて探している中で任意売却されている物件を見つけました。任意売却という事で事前にマンションの部屋や内部を確認する事ができたので、良かったです。競売は任意売却と違って、少し怪しい部分があったり、占有者が居住権利を主張して購入後のケアが大変だったりしますが、比較的に任意売却はそういった事は少ないので良い物件が沢山あります。しかし、任意売却の物件は瑕疵担保責任を売主が負う必要はないとされているので、物件の状態や大きな損傷、故障箇所はないかなどのチェックは必ず行なっておくべきです。そういった事をクリアできれば任意売却の物件は安くて良い物件が揃っているので、なかなかオススメです。

任意売却の場合には当然費用がかかります

物件の任意売却を無料で行う業者などはいません。

任意売却には、仲介手数料、税の差押解除料、抵当権抹消登記料、引越費用、マンションの滞納管理費、残置物撤去費などの費用が必要です。

仲介手数料の場合は、売却価格の3%で、引越代の場合はマンションの賃貸料などを入れると最低でも50万円~60万円は必要になります。

税の差押解除料は、面倒な問題です。

ある任意売却の場合には、延滞税が5000万円で差押えを受け、任意売却を止めざるをえなかったそうです。

マンションの修繕積立金などが100万円近くの滞納額になる人は多くいます。

残置物撤去費も結構かかります。

ある任意売却の場合には、運搬費用と保管先に苦労したことがあるそうです。